サラブレットの秘密

サラブレッド(Thorughbred)という名前は、「徹底的に(Thorough)品質改良されたもの(bred)」という語源からきています。
もともと自然界にはサレブレッドという種は存在せず、17世紀の初め頃、より強く、より速い馬を作り出すために、イギリスの牝馬(ひんば)に東洋種の牡馬(ぼば)を配合させたのがはじまりと言われています。
オスの馬を牡馬(ぼば)といい、メスの馬を牝馬(ひんば)といいます。また去勢された馬をせん馬(せんば)と言います。
サラブレッドは1歳の6月頃(主に、夏のローカル開催から)2歳にかけて「新馬戦」でデビューします。

▼血統について ~競馬とはブラッドスポーツである~

より速くより強い血統を受け継ぐために、サラブレッドは17世紀の初めから約300年もの歳月をかけて改良(配合)を重ねてきました。血統はその改良(配合)の歴史をさかのぼり、その馬の能力を知る重要なファクターとなります。 サラブレッドが、両親から個性や性格を受け継ぐのは人間と同じです。サラブレッドがレースに臨むとき、両親の実績や血統を探ることは、その馬の適性を判断する一つの材料となります。

全兄弟と半兄弟

サラブレッドは父が同じでも母が違うと兄弟とは言いません。父馬は、毎年複数頭に種付けするので、産駒の能力や血統的な傾向をつかむことができます。それに対し母馬は、年間に1頭の産駒しか送り出せません。つまり、父馬が同じ馬はたくさんいますが、母が同じという馬は少ないのです。母馬は生涯を通じて10頭ほどしか産駒を産めないので、その血統的な傾向を知るためには、その母馬の父馬の特徴をとらえることが目安となります。
父馬と母馬が同じ場合、これを全兄弟(全姉妹)といい、父馬が違って、母馬が同じ場合、これを半兄弟(半姉妹)といいます。

三大始祖

サラブレッドの血統を人間の家系図をたどるようにさかのぼると、3頭の種牡馬にたどりつきます。

  • ・ダーレーアラビアン
  • ・バイアリーターク
  • ・ゴドルフィンアラビアン

の3頭です。このうち、ダーレーアラビアンは、現在もっとも繁栄している父系で、世界中のほとんどのサラブレッドはこの系統です。


詳しくは「よくわかる競馬のすべて」(三恵書房刊)をご覧ください。
本サイトでの競馬とは中央競馬をさしています。公営競馬については公営競馬の公式サイトをご覧ください。
ShaCaロトオークション

今週の注目レース

重賞開催日程はこちら