競馬に携わる人

競馬はどのような人びとによって成り立っているのでしょうか。

馬主・調教師・厩務員・調教助手・騎手・トラックマンなど、それぞれの役割についてご紹介します。

▼馬主

競走馬のオーナーです。馬主が所有している馬を調教師に預け、調教師が預かった馬を調教してレースに出走させます。馬を購入する費用や、厩舎へ預託料を支払い、預けた馬が稼いだ賞金を手にするのが馬主です。
馬の生産者(ブリーダー)がそのまま馬主(オーナー)になる場合もありますが、その場合はオーナーブリーダーと呼ばれます。

▼調教師

JRAのトレーニングセンター(トレセン)内に厩舎を構える調教師は次の仕事をしています。
馬と人を管理して、素質のある馬を仕入れてレースに出走させて賞金を獲得するなど、すべてに責任を負います。

     
  • ・馬主から馬を預かり、調教を行い、レースに出走させる
  •  
  • ・厩務員、調教助手を雇う
  •  
  • ・馬主に素質のある馬を紹介する

▼厩務員・調教助手

調教師の指示に従い、実際に馬と接して調教や馬の管理を行うのが、厩務員と調教助手です。
厩務員は、馬の身の回りの世話や、体温や食欲のチェックなど、健康管理などを行います。調教助手は一つの厩舎に2~3人いて、調教師の指示に従い馬に乗って調教を行います。

▼騎手

騎手には、厩舎所属とフリーの2種類が存在します。厩舎所属の騎手は、厩舎から給料をもらい、毎朝、調教助手らとともに調教を行ったり、そのほかの厩舎の仕事を手伝います。厩舎から給料をもらうため、最低限の収入は保証されています。
フリーの騎手は、給料はなく、収入が安定していません。そのため多くのレースに騎乗して稼ぐしか収入を得る方法がないため、代理人(エージェント)を通して騎乗する馬の確保や調整を行う騎手もいます。

※外国人騎手:
 日本で騎乗を希望する外国人騎手は、JRAの「短期免許制度」を利用しています。
 この免許は3ヶ月限定で、身元引受人がいれば交付されます。

▼トラックマン

競馬専門紙の記者のことです。部外者立ち入り禁止のトレセンに出入りすることができ、現場で馬の調教を取材します。関係者のなまの声を聞いたり、調教タイムなどを測定して、紙面に予想の印を打ちます。


詳しくは「よくわかる競馬のすべて」(三恵書房刊)をご覧ください。
本サイトでの競馬とは中央競馬をさしています。公営競馬については公営競馬の公式サイトをご覧ください。
ShaCaロトオークション

今週の注目レース

重賞開催日程はこちら